室生寺

“女人高野”として女性を慈悲深く受け入れてきた室生寺

室生寺は、役行者が山林修行道場として開創し、弘法大師空海が再興したとも伝わります。多くの寺が女性の立ち入りを許さなかった時代にも、女性を慈悲深く受け入れてきた歴史をもち、密教の高野山(こうやさん)や修験の大峰山 (おおみねさん)など女人禁制の聖地が多かった中で「女人高野」として親しまれてきました。そして今も、参拝者の多くが女性です。

室生川にかかる朱塗りの太鼓橋(たいこばし)を渡るとそこは聖域。仁王像(におうぞう)が待ち構える仁王門から先に室生寺の世界が広がります。急坂の弘法大師を祀ったお堂がある奥の院までは、鎧坂(よろいざか)をはじめ、自然石を積み上げた石段が700段ほど続き、スギ木立の中、国宝や重要文化財にも指定される貴重な堂塔や、仏像の数々を拝見できます。優美で端正な姿が人気の五重塔は、高さ約16mと屋外に建つ五重塔では国内最少。金堂や弥勒堂(みろくどう)などの寺院建築も大きすぎず自然と調和した姿で、境内一面に咲くシャクナゲや紅葉とともに心を和ませてくれます。

詳細は下記リンク先、公式サイトをご覧ください

所在地
奈良県宇陀市室生78

アクセス
近鉄室生口大野駅から室生寺前行きバス終点下車徒歩5分

駐車場
あり

リンク
女人高野 室生寺公式サイト