赤目四十八滝
幽玄の竹あかり

およそ2000本の竹あかりによるライトアップで赤目渓谷を幻想的に演出します。

2022年10月22日〜2023年1月31日
17:00〜19:30

休業:12月28日〜1月2日、12月と1月の平日


大阪から1時間、名古屋から1時間半。三重県の西部、名張市にある赤目四十八滝は巨岩の間を清流が流れる渓谷で、かつて伊賀流忍者が修行した場所とも伝えられており、現在では、清流が流れる神秘的な森を歩きながら、大小の滝を楽しむトレイルコースとなっています。

一面が紅葉に染まる秋の夜、2000本の竹あかり(竹筒に穴を開けたり模様を彫ったりして、内側から灯りを灯す灯篭)が渓谷を幻想的に演出します。

赤目四十八滝を照らす本イベントの竹あかりは名張市内に放置された間伐材から作られており、地域の環境保全の役割も担うSDGsプロジェクトです。

ところ:赤目四十八滝

メインエリア(渓谷のエリア)
日本サンショウウオセンター〜不動橋

サブエリア(森のエリア)
小公園〜日本サンショウウオセンター

入場料

大人:¥600

小中学生: ¥300

小学生未満:無料

アクセス

近鉄赤目口駅からバスで約10分

近鉄大阪線・赤目口駅から赤目滝行きバスに乗車、終点・赤目滝で下車。

専用駐車場はございません。周辺の有料駐車場をご利用ください。なお、ライトアップ期間中の16:30以降は一部駐車場を無料開放いたします。
こちらのマップ
でご確認ください。

Gallery

関連の記事

2021年の投稿
「赤目四十八滝」の秋・冬限定の神秘的なライトアップは必見! by Masako

三重県名張市の景勝地、「赤目四十八滝」といえば、美しい清流が流れる渓谷で、自然を満喫できる場所。本格的なハイキングコースから…

続きを読む

2020年の投稿
初めての赤目四十八滝、そして竹灯りライトアップ by Alex

「なんて穏やかな空間。黄色い灯りでライトアップされて、遠くから見るとあっちの丘のほうは明るくて昼間みたい」と妻は言いました。…

続きを読む

赤目四十八滝

数々の瀑布が作り出す美しい大自然のアート。伊賀と大和の国境を流れる滝川の上流に連なる赤目四十八滝。室生赤目青山国定公園の中心に位置し、その長さは約4キロにも及びます…

続きを読む

関連リンク

東奈良名張ツーリズム

赤目四十八滝公式ホームページ

近鉄公式ホームページ

お問い合わせ

赤目四十八滝渓谷保勝会

三重県名張市赤目町長坂671-1/電話:0595-41-1180/E-mail:お問い合わせフォーム